• Karin1
  • Karin2
  • Karin3

Karin2

Born: チェコ共和国ブルノ市 • チェコ、東京based

About

チェコ共和国ブルノ市出身のアーティスト、カリン・ピサリコヴァはイギリス、イタリア、スロヴェニア、ドイツそして日本などで、土地の文化・人々と密接に関わりながら作品を発表してきたアーティストだ。
ピサリコヴァの作品は「身体」を軸に様々な境界線を曖昧にする行為だと言うことができる。写真、ビデオ、パフォーマンス、観客参加型アートなど多様なメディアを通して彼女が展開する活動は、パブリックとプライベート、男性と女性、アートと日常など、我々が無意識のうちに抱え込んでいる境界線を柔らかく乗り換え、密やかに撹拌していく。
アートにおいて、境界線を曖昧にする活動自体は珍しくないだろう。しかしピサリコヴァの特筆すべき点は、その直接性とユーモアにある。つけ髭、手描きのタトゥー、散髪、男装/女装、マネキン…。身体的なモチーフを使って彼女がつくりだす「場」は「アート」というフィルターを超えた生の体験だ。それは子供の遊びのようであり、儀式のようでもあり、夢の中のようでもある。そこで我々は普段見過ごしてきた様々なことを「訪れる」。日本という国を「訪れている」ピサリコヴァを我々がギャラリーに「訪れる」時、そこにも「訪れる者・迎える者」という境界線の撹拌があり、ギャラリーを出た後も、見慣れた日常の風景が少しだけ変わるのだ。

Karin Pisarikova graduated from Body design department, Faculty of Fine Arts in Brno, Czech Republic, and is currently in the doctoral program at Tama Art University, Tokyo.
She is mainly interested in the blurring between art and life and in sustaining the relationship with people and their everyday rituals.
The process of searching is more important than the final result and fiction meets reality with a pinch of humour.
She works mainly with mediums such as video, installation and performance and active participation of the spectator and feels inspired by site specific
projects and collaboration.
Her material of choice is human hair. It includes both, beautiful and disgusting and I am fascinated by it’s
deepness, meaningfulness and ambiguity.


Profile Info

Exhibitions

Related Exhibitions & Events

26
Jul
2013
28
Jul
2013